近藤先生を偲ぶ言葉(送られてきたら随時、載せていきます)


 リンドウの花咲いて                 森崎照子

  雨           八木重吉

雨の音が聞こえる
雨が降っていたのだ

あの雨のようにそっと
世のために働いていよう

雨が上がるように
静かに死んでいこう                                                         


 冒頭の詩は、かつて 近藤郁夫先生が『御池岳春夏秋冬』のご著書の後書きに引用された詩です。人生をこう生きぬけたら・・・と。
 いつも人々の中で朗らかに生きておられた近藤先生は、しっとりとした世界に憧れを持っておられて、ささやかな日常を大切にされる先生でした。
 近藤先生との出会いは、愛知学童保育研究集会の分科会に提出した『待つこと育むことを子どもから学んで』という一本の実践記録を、当時、名古屋市学童保育連絡協議会におられた佐藤尚子さんが、近藤先生にご紹介くださったことがきっかけでした。       
 その実践記録を読まれた近藤先生から、すぐにお電話をいただきました。それは『地域と生活指導』(一葉書房)への執筆依頼でした。当時、私は建交労学童保育支部の中で、仲間に実践記録を書くことを勧めていた立場でしたので、執筆依頼は即お受けしました。けれども、近藤先生を直接存じ上げなかった私は、なぜ たった一本の実践記録を読まれただけで、面識もない私に執筆依頼をされたのかを確かめたくて、すぐに本屋に行きました。そして、共著『子どもに学ぶ教育学』(ミネルヴァ書房)という本の中の近藤先生に出会い、なぜ私に執筆依頼されたのかがわかったような気がしました。                   
 それから、長い年月、近藤先生は学童保育実践の道のりをちんたらちんたら共に歩いてくださいました。どんなに小さな実践メモでも、先生は喜んでくださって、コメントをお送りくださいました。お忙しい職務の直中にあっても、御池岳の花のお写真や他のお写真などと共に心豊かな世界を届けていただき、心現れる(洗われる?―滝花)澄んだ精神世界に、深く頭をたれる思いでした。
〜 人はみな学びの旅人 〜 と、近藤先生にはたくさんの学びの世界を共有させていただきました。                                                     
 拙著『心の共鳴〜もっさの学童日記』(法政出版)の学童保育実践と実践記録の執筆過程は、先生の『御池岳春夏秋冬』の山行きとその執筆過程とほぼ同時進行でした。                                                               
 人とともにいられなかった力という子どもを理解したくて、そして子どもたちへの適切な働きかけをしたくて実践過程を分析しつつ記録し、それを近藤先生にお送りし続けました。近藤先生は、コメントと共に月2回登っておられた御池岳の紀行文を届けてくださいました。ですから、私は御池岳に行ったことはないのに、近藤先生と共に心は御池岳を歩き、四季折々の花々や池の姿とも出会わせていただきました。あの日々は、私が歩いてきた人生の宝物です。 
 その後の『学童っ子の四季』(法政出版)、『心を抱く』(ひとなる書房)も、近藤先生にその執筆過程を共有していただき、共に出版させていただきました。学童保育指導員学校や学童保育研究集会、学童保育指導員研修の際にも仲間達と共にお世話になりました。私が、保育中に負傷し、現場に立つことができなくて絶望の淵にいた時も、励まし続けて先生の大切なご友人にも様々な形で出会わせていただきました。 今 どれほど感謝してもたりない想いの中にいます。                      

 
 リンドウの花咲いて   

仕事の帰りに立ち寄った花屋で                                               
リンドウの花を見つけた時                                                   
この花を届けたい と 思った                                              
病室から 婆の空気が吸いたい と                                       
お便りをくださっていた                                                      
近藤郁夫先生にー                                                            

以前 私は                                                                   
仕事に疲れて心がボロボロだった頃                                          
自分のためにせめて花を買おうとして                                       
どうしても花を選べず                                                       
たくさんの花の前で立ち尽くしたことがあった                              
そんな私が                                                                    
婆の空気を吸いたがっておられた                                          
近藤郁夫先生に リンドウの花を                                            
どうしても届けたいと思った                                                
季節の香りと                                                                 
精一杯の「ありがとう」の心をー                                            

最近の先生のご様子は                                                       
周りは心配しているけれど                                                    
大丈夫と言っていると                                                       
先生の姪御さん(学童の子どもたちがお世話になっている                   
小学校の二年生担任のAさん)からお聞きしていた                         


2008年9月21日(日)                                                
近藤郁夫先生の病室は                                                       
扉が開け放されていて                                                       
どうぞ と 看護士さんに案内された が                                   
私は 入ってはいけない領域に入るような気がして                         
おそるおそる病室に入った                                                   
先生は 痩せて小さくなられ 呼吸器をつけて                              
ぼんやり目を開けておられた                                                 
〜 見舞いはしないでください 子どもとの世界を届けてください 〜 と 
先生のお身体に癌が発見された時                                            
先生ご自身から伝えられていたから                                         
この間 ずっと                                                              
先生からのお言葉を忠実に守って                                             
学童保育実践記録をお送りし続けていた                                     
私は それ以外 何もできず                                                
無力だった・・・                                                            

先生! と 呼びかけたら                                                   
先生は ぴくん と 反応されて                                            
先生の精神が立ちあがられた気がした                                       
がんばって! と 声をかけたら                                            
もう がんばれない と                                                     
首を横に振られて                                                            
肺のあたりを手でかきむしられた                                            
苦しい? いたい? と 声をかけたら                                       
先生は はっと 動きを止めてその声を聞き                                
まばたきもせずに 私を見ておられた                                       

来るはずのない私が                                                          
そこに立っていたから                                                       
驚かれたのかもしれなかった・・・                                         
呼吸器がはずれたので 私は 看護士さんを呼びに行った                   
大丈夫ですよ と                                                             
看護士さんは呼吸器を戻してくださった                                     
布団から 先生の足がはみ出していたので                                   
私が布団をかけたら                                                         
先生は その布団を蹴飛ばされた                                             
ただ暑かったのかもしれないし                                              
いたずらっぽく 役割の区別を                                              
示されたのかもしれなかった                                                

先生 リンドウの花が咲いてるよ                                            
と お伝えしたら                                                            
はっと 花を見られた                                                       
はっきりと見えたかどうか                                                    
定かではないけれど                                                         
その時                                                                       
先生のまなこの奥では                                                       
御池岳のリンドウの花が                                                     
揺れていたかもしれなかった                                                

呼吸器の奥でをからませながら                                             
もうがんばれないと表現される先生に                                       
もういいよ とは 言えず                                                   
よくがんばったね とも 言えず                                            
私 がんばるね と お伝えしたら                                         
先生は嬉しそうに                                                            
〜 がんばれ 〜                                                            
とおっしゃって                                                              
初めて先生と握手した                                                        
先生の手は温かくて                                                         
その手の力は                                                                
驚くほど強かった                                                            
先生に 会えてよかった                                                      
ありがとう と                                                              
お伝えしたら                                                                
実在の先生のお顔の奥から                                                   
ー お〜 ー                                                                 
                                                                            
ふだんの先生の笑顔が浮かびあがり                                         
ー ありがとう ー                                                          
と 応えられた                                                              
その声は 深い海底から                                                     
個々得手(こたえて?―滝花)くるような声であった                                              
それは 呼吸器の管を通した                                                 
声であったせいかもしれないし                                              
もう一つの世界からの                                                       
声の発信であったのかもしれなかった                                       

先生は ちょっと 指を動かされて                                         
ピアノを弾くような                                                         
パソコンのキイを叩くような                                                
しぐさをされてから                                                          
両手を力強く握り                                                            
親指を掌に握り込み                                                         
弾みをつけて                                                                
ピンと 天に向かって立てられた                                            
その二本の親指は                                                            
good!                                                                   
                                                                             
言われているようでもあったし                                              
志を高くもて                                                                
高く跳べ                                                                     
上を向いて生きろ                                                             
と 言われているようでもあった                                            
ピン ピン と 何度も                                                     
親指を弾かれて                                                              
それは まるで                                                               
ご自身の殻をを脱いで                                                       
身体から魂が抜けだし                                                       
天に昇る儀式のようであり                                                   
生きていこうとする私たちに                                                
がんばれ がんばれ と                                                     
応援メッセージを                                                            
伝えてくださっているようでもあった                                       
また それは いかにも                                                     
近藤郁夫先生らしく こんな時でさえも                                     
軽やかに 遊び心を持って                                                   
伝えておられるようでもあった                                              

魂は ずっと                                                                
生き続ける                                                                   
                                                                             

病院を出て                                                                   
帰宅し始めた時                                                               
遠くで雷が鳴り                                                              
ぽつぽつと雨が降ってきた                                                   
その日の夜                                                                   
近藤先生の教え子のSさんから                                               
携帯電話で                                                                   
近藤郁夫先生は先週から面会謝絶 と                                       
お知らせいただいた が                                                     
私は もう                                                                    
面会してしまっていた                                                       

9月22日(月)                                                            
朝ー                                                                         
広い空のキャンパスに                                                       
卓上に置かれたカクテルグラスのような                                     
御伽噺の宮殿のような                                                        
不思議な雲が浮かんでいた                                                   

私は                                                                         
いつものように                                                               
学童保育現場に立ち                                                         
子らと戯れていた                                                            
その日の夕方ー                                                               
県大卒業生のさんから                                                     
近藤郁夫先生が亡くなられた と                                            
携帯電話でお知らせいただき                                                
立っていた足が震えて                                                        
その場にうずくまってしまった                                              
なんということだろう・・・                                                
この世で生きて                                                              
近藤郁夫先生に会えるのは                                                    
あの日しかなかったのだ                                                     
仕事を終えて帰宅したら                                                     
先生の奥様から                                                              
先生の病状が急変したとのお知らせ                                          
先生の山仲間のOさんからは                                                
面会謝絶とのお知らせ                                                       
その二通の葉書が                                                            
届いていた                                                                    

思えば                                                                       
私が 近藤郁夫先生の病床に                                                
足を運んだのは                                                              
まるで 神様が用意されたかの                                              
「時」であり「間」でもあった                                              

後日                                                                         
臨床心理学者のTだん(近藤郁夫先生のご友人)に                         
この話を ぽつりぽつりと聞いていただいた際                              
リンドウの花は 竜の花なのだと教えられた                                
調べてみたら 辞書にもパソコンにも                                       
『竜胆』という漢字が記されている                                         
なんということだろう・・・                                                
私は無意識のうちに                                                         
竜の花を 近藤郁夫先生にお届けしていた                                   
Tさんがおっしゃるように                                                   
近藤郁夫先生の魂は 竜と共に                                              
大好きな御池岳で                                                            
遊んでおられるかもしれない                                                 
近藤郁夫先生の                                                              
あのしなやかな魂は                                                         
眠ってなどいないはず                                                       

 近藤先生が「お見舞いはしないで子どもとの世界を・・・」とおっしゃった希望通り、お送りし続けた実践記録の中に『心の窓』という実践記録がありました。それは、本にしようと近藤先生と言っていた実践記録でしたが、そのままになってしまいました。                                                   
 2008年2月に発行した冊子『怒りや荒れの奥にある 子どもの悲しみを抱きしめる〜学童保育カンファレンスU〜』(愛知学童保育支部・中村分会編集)をお送りしたら近藤先生は、定光寺を歩かれた時のお写真と句を、冊子の中に『光』という私の実践メモと通じて面白いとお送りくださいました。   


   道光る 立ち止まる   郁夫  2008年2月 定光寺


 『光』            森崎 照子                                              

もっさ あれなんで? なんで白いの?                                    
と自閉症の希が庭の一角を指して言う。                                     
ふと見れば 学童保育所の庭に朝陽が差し込んで                          
そこだけ 土が白く見えているのだった。                                    
あれはね お日様が光を届けてくれたから あそこだけ白いの。            
ほら お日様の光よ。明るいね。あそこは温かいよ。嬉しいね。            
うん うん と 希は何度もいて「おひさま おひさm(おひさま?―滝花)」と笑う。 希の心の土にも光がさしたのだ。きっと。                                   


近藤郁夫先生が手術後 お葉書に書かれた句  

   目ざむれば   生かされていた  セミが鳴き始めたらしい     郁夫 2008年7月

最後のお葉書に書かれた句           

    ヨレ ヨレと  やりなおしの一歩  遠く雷の光る             郁夫 2008年8月

 それは近藤先生の姪御さんと一度ゆっくり語る機会をとのアドバイスと「ぐんぐん吸収していく新鮮な学びのカタマリ。楽しみ」という言葉で結ばれていました。 私は、病魔と闘っておられた先生のお力にはなれず無力で、逆にいつも励ましていただくばかりでした。さぞかしお苦しい日々であったでしょうに。心からありがたく思います。
 たくさんの人々が近藤先生を必要としておられましたので、近藤先生は世のため人のために(さぞかし大変であったことでしょうが)、楽しみながら働いてこられました。ことに教育学の道では、子どもにかかわる人々に実践を記録することを熱心にすすめてこられました。大学では、たくさんの学生さんを愛し、大切に育ててこられました。私たち学童保育指導員も多大なご指導をいただきました。
 きっと、近藤先生の教えを受けた子どもにかかわる教育・福祉現場の先生方が実践記録を書き、そのことによって多くの子どもたちが救われることに繋がっていくだろうと思います。
 それは、また人々の手から手に渡り、その底流に温かい行動、先生の思想が流れ続け、先生の魂は出会われた人々の中に生き続けていくことでしょう。 
 冒頭の『雨』の詩の世界のような人生を生きぬかれた近藤郁夫先生は、人々と共に歩む偉大な教育学者でした。                                        
 近藤郁夫先生と学びを旅した日々、本当に幸せでした。                   
 近藤郁夫先生に約束したので、私は もう少し がんばります。         
 近藤郁夫先生 ありがとう!                                              


愛知の池田です。

 近藤郁夫さんと話しているとなんとなくホッとする。この数年、何回か入院している近藤さんを見舞いに行った時でも、なんだかわたしの方が励まされていた。実践のことでは、わたしが全く意識してなかったことを評価してくれたりしたことが何度もあった。
 近藤さんから『幻の池を求めて〜鈴鹿・御池岳 やぶこぎ讃歌』をいただいたのは1994年8月5日である。「人はみな 学びの旅人」の添え書きのある本である。これに触発されて、わたしの山行きが始まった。
 そして、近藤さんから「靴とレインコートはいいものを買いなさい」「山シャツは丈夫だし、日常的にも使えるものがいい」などのアドバイスを受けた。 全生研大会のついでに、伊豆の発端丈山、北海道の大雪山(秘湯を満喫)、九州の九重連山、東北の八幡平(雨の中、寝ころんで写真を撮っていた)などを一緒に歩いたことを思い出す。近藤さんとは同じ年令で、山頭火や志ん生の落語が好きといったところでもウマがあった。

 しかし、あまりにも早すぎる。近藤さんが旅立った9月22日は、奇遇にも前沢泰氏と同じ日であり、61歳というのは大西忠治氏と同じである。
 「人は二度死ぬ」という言葉がある。一度は生命として、そして二度目は人の記憶から。近藤さんのことを思い出し、語り続けることでわたしたちの中で近藤さんは生き続ける。御池岳に近藤さんはいる。

付記。

近藤さんの葬儀は、無宗教で行われました。
壁には、近藤さんの在りし日を偲ぶ写真や近藤さんが撮った写真が展示されていました。
バイオリン演奏が流れる中、参列者が献花しました。
通夜は、参列者があふれ、献花するだけでも時間がかかったと聞いています。告別式も大学関係者、教え子、学童保育や障害者施設の関係者、山の仲間など多彩な参列者が多く集まりました。
近藤さんの人柄がよくわかる弔辞に涙が止まりませんでした。



◎谷尻です。

近藤先生の追悼ページ、さっそく拝見しました。

なつかしい近藤先生の言葉を読んでいる内に、すぐ近くに近藤先生が立っていて、自分に話しかけてきているような感じがしました。


特に、「Kの世界」の創刊号の文章。創刊号時、機関誌部長だった私の依頼に対し、短いけれど、その後の京生研の研究方向を示すちから強いお言葉を贈ってくださいました。


読み返して、あの当時のことが鮮明に思い出されてきました。


「自立を育てる生活指導 中学3年」(坂本光男編 旬報社)を発刊した頃、ある休日の夕方に、突然近藤先生から自宅に電話がかかってきました。

「本、読んだよ。いい実践してるなあ。泣いてしまったわ」

「最初に出てくるクラスの話が、もう一度最後に出てきて、彼らがどう成長したかがわかる。あの構成もいいわ」

拙い実践(と今は思うのですが)をさらりとほめて、実践者のエネルギーを引き出すその優しさに、私は勇気づけられました。


あの日の夕方の電話は、これからもきっと私を勇気づけ続けてくれることでしょう。


◎京都の浅井です。
 近藤先生の急逝を聞き驚いています。
 近藤先生には京生研発足以来、組織の中心的役割を担って頂きました。
 近藤先生が京生研代表をしていただいている時に、私も事務局長をさせていただき、さまざまな面でバックアップして頂きました。
 また、15年前の京都大会では実行委員長として活躍されると共に、駅前のホテルにあった光射し込まぬ大会本部の部屋で5日間も寝食をともにさせてもらいましたがいつも楽天的で「浅井くん、大丈夫。みんながうまくやってくれるがな。」と言ってにこやかに微笑んでおられました。
 2005年には最初の入院、手術、退院という闘病生活に入られましたが、翌年の『Kの世界50号特別号』に「あれから1年がたった。ありがたいことに、今のところは再発していない。3ヶ月ごとの検査は不快であるが、検査をパスするとうれしくてならぬ。次の検査までは多少とも仕事ができる。学生諸君とも勉強できる、本も読める、山も歩ける…『共同して生きる』とは何か、「生老病死と生活指導』という大きな問題も考え続けて生きたい…」と寄せていただき、すっかり回復されたものと思っていました。
 「浅井くん、ちょっと山を歩いてきたよ」と言って今にも語りかけて頂けるようです。
 心からご冥福をお祈りします。


◎京都の滝花です。
 昨夜は用事があって今この訃報に接しました。
 ああ、ショックです。悲しいです。
 実は昨日の昼、何を思いついたか、15年ぶりに京都大会のビデオを見る気になって、近藤実行委員長の挨拶をなつかしく見たところでした。
 「紡ぎ出そう学びの糸を」と呼びかけられていた。
 何か偶然とは思えない、先生からの呼びかけが届いたのかもしれない。
 術後回復されたと聞いていたので、今どうしておられるかな、と思いながら見ていた。
 手元に置いている『生活指導』1999年11月臨時増刊号の「教育実践の分析とは何か」についての論文を今取り出してみている。
 近藤先生、ありがとうございました。
 心からご冥福をお祈りしま
す。